良い賃貸を探すなら押えておきたいポイント


通勤通学へのアクセスの良さは最優先!

賃貸を探す時の条件として通学・通勤のアクセスの良さは最優先に吟味しておくべきポイントです。外出の内最も頻度も時間も掛かるのが通勤と通学の時間で、次点で一般的には食料品などの買い物やジム通いになります。例えば出勤通学に往復1時間掛かる物件と30分で済む物件を比較したとして、1年の出勤日数は一般的に祝日や土日を外すと244日ほどと言われていますので合計で7,320分、およそ122時間ほどの差になります。この時間をスキルアップに費やせば大きな能力差になりますし、余暇に費やせばそれだけ心身を健康に保って仕事や勉強へのモチベーションを維持しやすくなります。

可能なら候補物件付近の夜の様子を確認しておこう

家とは基本的に仕事や講義で疲れた体をゆっくりと静養させるための場所である事が多いでしょう。職種などによりますが昼間頑張って夜になったら帰宅して寛ぐのが一般的ですが、この夜の時間に家の周辺が騒がしかったり、明るすぎたりすると気になって落ち着かなかったり、余計なストレスを貯める事になりかねません。候補物件の周辺のお店が夜騒がしくないか?ネオンが明るすぎたりはしないかなどや、周辺の運動施設などからスピーカーの音が鳴り響いてこないかも軽く意識して見てみましょう。

候補の物件に子供が住んでいるかチェックしておこう

賃貸物件の多くはマンションやアパートが多い傾向にありますが、そうであればその物件にどのくらい子供が住んでいるかもチェックしておくべきです。子供が隣や上階に住んでいる場合、足音や叫び声などが日常的に響いてくることは珍しくありません。子供が好きだと思っている人でも次第に辛くなる事が多いので、可能な限り子供が居る部屋や建物からは遠い物件の方が良いでしょう。

場所柄、寒気に見舞われる苫小牧の賃貸マンションは特に暖房器具の存在が重要になります。最新式の暖房は電気代もお手頃です。