注文住宅の住宅ローンは国のサービスがおすすめの理由とは

国のサービスは長期で固定金利

国が運営している住宅ローンの中でも人気が高く、住宅金融支援機構が骨子を決めている点でも安心感がある点が着目されています。特に注文住宅を建てるときにはフラット35がよくおすすめされていますが、なぜなのかを知っているでしょうか。国が運営している住宅ローンは住宅ローンの中でも長期かつ低金利ということが知られているからです。最長で35年ものローンを組めるのは国が運営している住宅ローンでなければ難しいことで、それだけ長くすれば毎月の支払い負担はかなり軽減できるでしょう。また、固定金利の住宅ローンの中では金利が低いのでトータルの支払い額も比較的少なくて済みます。このようにメリットが大きいからこそ国が運営している住宅ローンがよく選ばれているのです。

金額が高いから無理なく計画的に借りるのが大切

特に注文住宅の場合には借入金額が高くなってしまいがちです。土地を購入してさらに家を設計して建築してもらうことになるので、建売住宅やマンションを購入するのに比べて価格が高くなってしまうことは否めません。工夫次第で安くできるのは確かですが、ずっと住む家だと考えるとあまり妥協したくないのももっともなことでしょう。そのため、あまり短いローンにすると毎月の支払いが大きくなってしまって生活がつらくなってしまうリスクがあります。長期的な計画で無理なく支払いを続けられるようにしようと考えると長期にできる国が運営している住宅ローンが適切と考えられるでしょう。固定金利なので資金計画も立てやすく、滞納リスクも低いという点でよく注目されています。

大阪の注文住宅は大阪市で人気の高いフルオーダー形式の家づくりを行っている住宅になります。顧客が住みたい理想の家に近い家を建てられます。