北国の賃貸物件探し!知っておきたい北海道の物件の特徴


雪国には欠かせない工夫!北海道の窓や玄関の特徴

冬が長い北海道の暮らし。賃貸にあらかじめ防寒対策が施されているとありがたいですよね。北海道の物件の特徴は、窓が二重サッシになっていたり、複層ガラスになっていたりする点です。二重サッシとは、内側にもうひとつ窓が取り付けられた窓のこと。このタイプの窓の場合、空気を入れ替える時は、窓を二回開ける必要が出てきます。一方、複層ガラスとは、二枚のガラスで作られた窓の総称です。ガラスの間に空気層を閉じ込めた窓は、断熱効果が期待できるほか、結露しにくいというメリットがあります。戸建ての賃貸だと、玄関フードが設けられている物件も珍しくありません。玄関フードとは、玄関を覆うガラス張りの空間のことです。玄関フードがない家だと、極寒の朝は玄関が凍り付いて開かないという事態も起こり得ます。さらに玄関を開けても雪がなだれ込む心配がないことも、玄関フードの優れた点でしょう。

購入しなくても大丈夫!暖房器具付きの物件も

北海道の賃貸には、ストーブやファンヒーターが最初から取り付けられている物件も少なくありません。暖房器具の種類によって、使用する燃料は異なります。北海道で部屋を探す時は、暖房器具の燃料も確認しておきましょう。北海道の備え付けの石油ストーブの特徴は、給油口が屋外に設けられている点です。石油ストーブが備え付けられた集合住宅だと、屋外に設けられた共同タンクに業者が定期的に灯油を給油してくれます。賃貸マンションであれば、都市ガスを使ったファンヒーターの設置がある場合も。また、オール電化の賃貸物件の場合、パネルヒーターや電気ファンヒーターが取り付けられている部屋もあります。

小樽の賃貸には防音や防寒を徹底した物件があります。音や気温が気になる人にとっては最適な物件を最短距離で探せます。