何を基準に選んだら良い?家族構成による賃貸住宅の間取りの選び方


家族構成によってお勧めの間取りは違います

賃貸住宅を選ぶ際に迷うことの一つとして間取りが挙げられますよね。一人暮らしならば1Rや1K、1DK、1LDKあたりから予算やその他の条件と見合ったものを選べば良いでしょう。しかし家族がいると当然制限がかかります。

大人二人暮らしの場合

夫婦なのか恋人同士の同棲なのか、親子なのか、友達とシェアするのか、その形態は様々でしょう。ですがやはり同居人がいる以上お互いのプライバシーは確保したいところ。お互いのプライベート空間は欲しいですよね。最小でも1LDK以上、出来れば2DK以上が望ましいです。収納の面でもそれぞれの持ち物をそれぞれの部屋に納められれば揉めることもありません。

夫婦+子供一人の三人暮らしの場合

子供が何歳かにもよりますが、やはり最低でも2LDK以上は欲しいところです。子供が小さければ例えば一部屋はお父さんの寝室兼書斎、もう一部屋はお母さんと子供の寝室等と分けられますし、子供が大きくなれば一部屋は子供部屋、もう一部屋は夫婦の寝室等と分けることが出来ます。

夫婦+子供二人の四人暮らしの場合

こうなってくると子供部屋+夫婦の部屋で出来れば3LDKは欲しいところ。子供が小さく物が少ないご家庭ならばなんとか2LDKでも可能でしょうか。

夫婦+それ以上の家族構成

「それ以上」には子供3人以上とか両親と同居等が含まれます。一概には言えませんが、おおよそ以下が一つの目安になるでしょう。

・大人のみの家族構成の場合 人数((L)DK)以上
・大人+子供が居る場合 大人の人数+子供の人数-1(LDK)以上

とは言え物件によって収納スペースは様々ですし、同じ間取りでも専有面積が違えば当然印象は違ってきます。このあたりはきちんと確認して物件を選びましょう。

ファミリーでも単身者でも暮らしやすい物件が立ち並ぶのが、北海道東北部に位置する網走です。ゆとりのある間取りから一人暮らしに最適な間取りまで、新生活にぴったりな網走の賃貸を探すことができます。