住宅選びをするときに考えておきたいことは何か


駅から近い場所が本当に良いのか

日本人は、駅から近い場所に高い価値を感じている人が多いです。実際に注文住宅を建築するにあたり土地を購入する場合でも、駅から近いところを望んでいる人が多いです。これは、通勤や通学などを考えれば駅から近いところに魅力を感じるのも無理はありません。また買い物に行く場合や病院を選ぶ場合も、駅から近いところの方が通いやすいといったメリットもあります。ただ、特に通勤や通学をするときに駅を利用しないならばわざわざ駅に近い土地を購入する必要はありません。駅から遠いところで土地を購入する場合、買い物などが不便になることもありますが、自動車を持っていればそれほど不便に感じることもないでしょう。

災害のこともよく考えて選ぼう

日本は、自然災害の多い国として知られており、特に地震や水害による災害も注文住宅を建築するときには考えておかなければいけません。注文住宅の土地選びでは、災害を意識すればするほど川に近いところや海に近いところは避けた方がよいことがわかります。もし、そのような場所に土地を購入するならば、可能な限り高台を選んだほうがよいでしょう。あるいは、2階部分を玄関にすれば水害を避けることは可能になります。大きな地震を意識すると、地盤の弱い土地は避けなければいけません。もともと池や沼があったところを埋め立てた場所などは、地盤が弱いこともありますので、十分に注意しておくべきです。もし、そのような土地を購入するならば、地面に杭を打って地盤を強化しておくとよいでしょう。

横浜の注文住宅は人が快適に過ごせる工夫がされています。特殊な化学物質を使用しなかったり、肌触りのいい木材を使用したりなどがあります。